ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)は神秘的

ドゥオーモ(Duomo)というと、ミラノの大聖堂が大変有名ですが、その他にもイタリアにはたくさんドゥオーモがあります。

今回はそんなミラノから特急列車で約1時間の場所にある、ヴェローナのドゥオーモについてご紹介します。


ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)とは

ヴェローナで最も古いカトリック様式の教会で、バジリカの跡地に建設されました。

大火事や地盤沈下などの自然災害の影響で、改築などが行われたため、その時代時代の特徴があり、ロマネスクとゴシックの混合様式となっています。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)の正面、ファサード

ドゥオーモの基本情報

入場料

1人2.5ユーロです。

ドゥオーモは、ヴェローナカードという観光パスの対象施設となっているので、お持ちの方は無料で入場することが出来ます。

ヴェローナ観光するなら絶対買うべきヴェローナカード徹底解説

また、入り口ではこのようなパンフレットが貰えます。日本語はありませんでしたが、英語があります。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)のパンフレット

開館時間

3月~10月:
10:00~17:30
(日曜祝日は、13:30~17:30)

11月~2月:
10:00~13:00、13:30~17:00(土曜のみ 16:00)
(日曜祝日は、13:30~17:00)

場所

ヴェローナでの主な観光スポットの中で、最も北に位置しています。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)の場所

 

アディジェ川沿いを南に降りると、サンタナスターシア教会がありますので、セットで観光するのがオススメです。

ヴェローナのドゥオーモ外観

ドゥオーモの正面には、ロマネスク式教会特有の玄関があり、ライオンの象が柱を支えています。

その他にも様々な動物や聖人が彫刻されていて、見所たっぷりのファサードとなっています。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)の正面、ファサード

 

ここ数年、改修工事のため、ドゥオーモの入り口は裏側になっていますので、ご注意ください。(2018年10月訪問時点)

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)の入り口のある裏側


ヴェローナのドゥオーモ内部

ヴェローナ産の赤大理石の柱からアーチが天井に伸び、ドゥオーモを3身廊に分けています。

現在も日曜日のミサが行われる教会内部は、観光スポットといえども、厳かな雰囲気が漂っています。
(ミサの時間帯でなくても、ドゥオーモの入場には、ドレスコードのマナーがありますのでご注意を。ノースリーブや短パンなどの場合は、入り口で止められてしまうこともあるようです。)

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)内の様子。大理石の柱など。

 

正面玄関のファサードから見えた大きな窓から太陽の光が差し込み、ドゥオーモ内を明るく照らしています。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)のファサードにある窓から教会内部に太陽光が差し込む様子

 

壁面に描かれる絵画や幾何学模様の床、祭壇もとても美しい、、、
ドゥオーモには、神秘的な空間が広がっています。

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)内の様子

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)の祭壇

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)内の様子

ヴェローナのドゥオーモ(Duomo di Verona)内の様子

ヴェローナのドゥオーモを観光してみて

ジュリエットの家アレーナなど、ヴェローナには訪れるべき人気の観光スポットがたくさんあり、その中でもドゥオーモはあまり知名度も高くありません。

しかし、時間に余裕があれば、比較的場所も近いサンタナスターシア教会と共にぜひとも訪れて頂きたいスポットです。

ヴェローナ産の大理石やフレスコ画が、大きな窓から入る太陽の光に照らされる様子は神秘的で、ロマンチックな町ヴェローナにピッタリです!

ヴェローナで人気のホテルをチェック!

ヴェローナの現地ツアーをチェック!
icon

ヴェローナ観光するなら絶対買うべきヴェローナカード徹底解説 | Tabily
[ヴェローナ]ジュリエットと手紙交換!?ジュリエットの家 | Tabily
ヴェローナのシンボル、アレーナ(円形闘技場) | Tabily
[海外旅行にオススメのWi-Fi]大手3社のレンタル料や手数料を徹底比較 | Tabily
ヴェネツィア共和国の富と権力の象徴、ドゥカーレ宮殿全容 | Tabily