[スペイン]アンダルシアの旅~ロンダ、ミハス編~白い村

スペインの人気都市コルドバグラナダセビリア、ロンダ、ミハスを訪れた際のことをレポートしています。今回はロンダとミハスについてレポートします。

 

まずはロンダから!
 


 

ロンダ

ロンダはアンダルシア山間部に位置し、断崖絶壁の上に造られた街です。新市街と旧市街を結ぶヌエボ橋は、町のシンボルです。高さ約100メートルの石橋は二つの町を最短距離で結ぶために、1759年から約15年かけて建設されました。

ロンダのヌエボ橋

 

崖に沿って作られた遊歩道が整備されています。奥には「古い橋」という意味の「ヒエホ橋」が見えます。
ロンダのシンボル「ヌエボ橋」は「新しい橋」という意味です。

 

川の侵食によって崖は垂直に切り立っています。

ロンダの川の侵食によって垂直に切り立つ崖

 

ヌエボ橋から見る旧市街地の家々。長い年月の間崩れ落ちないのか不思議に思います。

 

100メートル以上の絶壁。下を見下ろすと足がすくみます。

ロンダのヌエボ橋から見下ろす絶壁

 

ロンダのもうひとつの見どころである「闘牛場」。
1785年に完成したスペイン最古の闘牛場の一つです。5000人を収容できる観客席はトスカーナ様式の二階建てです。
博物館も併設されています。

ロンダの闘牛場

ロンダの闘牛場

ロンダの闘牛場
 


 

ミハス(Mijas)

スペインで最も有名な白い村といえば、ミハス。近年日本人にも人気の観光地です。バス停周辺は多くのレストラン、土産物店が並びます。

ミハス

ミハス

 

カラフルに着飾ったロバが出迎えてくれます。

ミハスのロバ

 

ミハス名物ロバタクシー。小さな子供でも乗馬可能です。

ミハスのロバタクシー

 

世界最小の闘牛場“Plaza・De・Toros”
スペインで唯一の四角形の闘牛場として知られています。実際には完全な四角形ではなく、楕円形のような形です。1900年に作られた闘牛場で、現在も使用されています。

Plaza・De・Toros

Plaza・De・Toros
 


 

地中海の先にはアフリカ大陸が見られることもあるそうです。

ミハスから見る地中海

 

サン・セバスチャン通り。細い坂道の両側に城壁の家が並ぶ、ミハスで最も人気の撮影スポットです。

ミハスのサン・セバスチャン通り

 

灼熱の太陽から熱を遮るために白い壁になっています。

ミハスの家

 

可愛い小物雑貨屋がたくさんあります。

ミハスの雑貨屋

 

街の中心であるコンスティトゥシオン広場。

ミハスのコンスティトゥシオン広場

 

どのお店、民家もお花が綺麗に飾ってあり、青い空・白い壁・可愛いお花がマッチした美しい街です。

ミハスの街並み
 


 

コスタ・デル・ソル

ロンダからミハスに行く際、コスタ・デル・ソルというアンダルシア南部の地中海に面した地域(海岸線)を通りました。一年を通して温暖な気候なので、リゾート地としてヨーロッパの人々に人気の観光地です。

コスタ・デル・ソル

コスタ・デル・ソル

コスタ・デル・ソル

 

ここで海を眺めながら食べたパエリアは格別でした。

コスタ・デル・ソルのパエリア

 

ミハスのホテル予約はこちらから!
アンダルシアでの現地ツアー予約はこちらから!
icon