[シェムリアップ散策]ナイトマーケット、スパ、観光をレポート!

カンボジア旅行のメインの目的は、アンコールワットなどの遺跡群を観光することだったのですが、シェムリアップ市内にも楽しい場所はたくさんあります。

日本からアンコールワットへの行き方と治安、通貨などの基本情報

今回はシェムリアップ市内での遊び方や観光の参考になるような情報についてまとめます。
マーケットやスパなどの情報も載せますので、楽しんでもらえたら嬉しいです。

シェムリアップのマーケット

オールド・マーケット(オールド マーケット)

シヴォタ通りという、シェムリアップのメイン通りからすぐの街の中心にあるマーケットです。
「庶民の台所」という呼び方からも分かるように、現地の人々の生活に密着した市場です。

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)

 

狭い場所にいろんなお店が並んでおり、現地の人々と観光客が一挙に集まるマーケットは、朝から活気に溢れています。

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)の店
 
Tシャツ、スカート、パンツ、スカーフなど洋服雑貨が多いです。
店によって値段はまちまちです。
交渉次第で値段はかなり安くなります

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)の店
 
Tシャツ$1、パンツ$3の上下$4のコーディネートです。

日本の夏の気候に合った薄手の生地なので重宝します。何度も洗濯しましたが色落ち等の心配はありませんでした。

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)で購入した洋服

 

このお店で、サンダル1足$4で買いました。
畳のような素材のサンダルです。

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)でサンダルを購入したお店

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)で購入したサンダル

 

香辛料から、肉魚、野菜、果物、キッチン用品まで人々の生活に必要なものはこのマーケットで全て揃います。

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)の肉魚のお店

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)の八百屋

シェムリアップのプサーチャー (オールド マーケット)のキッチン用品屋

アンコール・ナイトマーケット

観光客向けにお土産屋、屋台、マッサージ店などが数多く並ぶマーケットです。

夜6時くらいから11時まで開店しているお店が多いです。

飲食店がずらっと並ぶパブストリートからも近いので、夜のシェムリアップ観光で併せて回る人が多いナイトマーケットです。

アンコール・ナイトマーケット

アンコール・ナイトマーケット

アンコール・ナイトマーケット

 

珍味を売っているお店も発見しました。
左から 蜘蛛、蛇、蠍、昆虫。

アンコール ナイトマーケットで売られている蜘蛛、蛇、蠍、昆虫

パブストリート

シェムリアップNo.1のナイトスポット、飲食店がひしめき合うストリートです。
シェムリアップの目抜き通りになっていて、シェムリアップ観光には外せません!

大きな音のBGMが流れ、ハイテンションな通りです。
お土産屋も多くあり、夜遅くまで観光客と地元の人々で賑わっています。

シェムリアップのパプストリート

シェムリアップのパブストリート

 
バーやレストランが並ぶ路地には、多くの土産物屋が並びます。

シェムリアップのパブストリートの土産物屋

 

フィッシュスパ。小魚の水槽に足を入れます。
日本でもドクターフィッシュが一時期流行っていましたよね。
魚はそれよりも少し大きそうでした。

シェムリアップのパブストリートにある、フィッシュスパ、ドクターフィッシュ

シェムリアップのキリング・フィールド

1975~1979年のポル・ポト政権下、数千人の人がこの地で処刑されました。
1997年鎮魂の意を込めてここに寺院が建てられました。

シェムリアップのキリング・フィールド

 

慰霊塔の中には沢山の人骨が安置されています。

シェムリアップのキリング・フィールド

シェムリアップのキリング・フィールド

シェムリアップのキリング・フィールドの人骨

伝統舞踊 「アプサラダンス」ショー

アプサラ」とは、アンコール遺跡のレリーフによく刻まれている天女のことです。
アンコール時代から続く天女の舞を鑑賞できます。

ポル・ポト時代に9割の踊り子が処刑され存続の危機にありましたが、現在はユネスコ世界無形文化遺産に登録され継承されています。

シェムリアップの伝統舞踊 「アプサラダンス」ショー

シェムリアップの伝統舞踊 「アプサラダンス」ショー

シェムリアップのスパ、マッサージ

シェムリアップのスパ、マッサージは、世界中から旅行者が集まるほど人気があります。
日本よりはるかに安い金額高度な施術がうけられます。

ホテルのスパ

シェムリアップにある高級ホテルの多くには、スパが併設されています。
宿泊割引料金を設けていることもあります。

昼間の暑い時間帯や夕食後に利用するのもありです。

 

アンコール・センチュリー・リゾート・スパ

今回の旅行は、アンコール センチュリー リゾート & スパ(Angkor Century Resort & Spa)というこちらのホテルに宿泊したので、フットマッサージを体験しました。

日本からの観光客が多いので、日本語を話すスタッフもたくさんいます。

プールの奥にある建物がスパです。

アンコール センチュリー リゾート & スパ(Angkor Century Resort & Spa)のスパ建物

 

フットマッサージの部屋です。

アンコール センチュリー リゾート & スパ(Angkor Century Resort & Spa)のスパのフットマッサージの部屋

 

フットマッサージ 30分 $13~
マッサージ 60分 $22~
宿泊割引料金です。

町スパ、マッサージ

シェムリアップの町を歩いていると、スパやマッサージの数に驚きます。

夜のナイトマーケットやパブストリートでは$2~$5の料金でスパやマッサージ店があります。

あまりの安さに心配するほどですが、交渉した値段できちんと施術をしてくれました。

 

アンコール・ナイトマーケットにあるサロン

アンコール・ナイトマーケットにあるスパ、マッサージのお店

夜11時まで営業しているお店が多いので、夕食を食べた後にマッサージすることもできます。

 

チャイ・マッサージ(Chai Massage)

東京・六本木に本社を置くサロンです。
タイ古式マッサージで、技術はシェムリアップの中でもトップクラスです。
ホテルまで無料の送迎がついているので便利です。

シェムリアップのチャイ・マッサージ(Chai Massage)外観

 

チャイ式マッサージ: 60分 $20 / 90分 $25 / 120分$30
アロマ・オイル・マッサージ: 60分 $30 / 90分 $35 / 120分 $40

シャワー完備の個室で行います。
今回は、アロマ・オイル・マッサージ90分$35のコースを受けました。

シェムリアップのチャイ・マッサージ(Chai Massage)の個室

 

フットマッサージの部屋。

シェムリアップのチャイ・マッサージ(Chai Massage)のフットマッサージの部屋

シェムリアップは活気のある観光地

シェムリアップでの一番の思い出は、やはりアンコールワットなどの遺跡を見学したこと、それは間違いありません。

それでも、マーケットやスパなど、アジアらしい活気の溢れたシェムリアップの街はとても魅力的で、楽しい観光の時間を過ごすことが出来ました。

アンコールワット、遺跡群の現地ツアーをチェック!
カンボジア、シェムリアップのホテルをチェック!
icon

アンコールワットの入場券、アンコールパスについて徹底レポート | Tabily
日本からアンコールワットへの行き方と治安、通貨などの基本情報 | Tabily
[海外旅行にオススメのWi-Fi]大手3社のレンタル料や手数料を徹底比較 | Tabily
アンコールワットへ行ってきた!観光を詳細レポート | Tabily
メインは「バガン」ミャンマー2泊4日週末弾丸旅行(前) | Tabily
今度こそ独学で!日本で英語を話せるようになる勉強法 4ステップ | Tabily