ベルギー三都市旅行[アントワープ編]

これまで二記事に渡って、ベルギー旅行についてレポートしてきました。今回は文化的・歴史的スポットにあふれた、スタイリッシュな町として知られるアントワープ編をお送りします。こちらでブリュッセルブルージュと続いたベルギー旅行の記事は最後になります。
アントワープへ行った目的は、何と言っても「ノートルダム大聖堂」でルーベンスの絵画を鑑賞することです!
 


 

ブリュッセルからアントワープへ

アントワープ中央駅へは、ブリュッセル中央駅からICで40~50分。1時間に5本も出ているので好きな時間に乗ることが出来ます。

アントワープ中央駅
 

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅に到着です。車内アナウンスが全くなく、不安なまま下車。例えオランダ語でもアナウンスしてよ~、という気持ちに。
それにしても、美し過ぎるアントワープ中央駅。 まるで大聖堂。これまた、タメ息ものです。世の中に、これを駅として使う人々がいるというのは、ヨーロッパのスケールの大きさを感じます。「世界で最も美しい駅ランキング」に選ばれるのも納得です。

アントワープ中央駅外観

アントワープ中央駅内部
 

ノートルダム大聖堂

1352年から約170年かけて造られた、ベルギー最大のゴシック教会。ルーベンスの最高傑作が鑑賞できることで、知られています。ノートルダム大聖堂の前にはルーベンスの像があります。

ベルギーのノートルダム大聖堂

ルーベンスの像


 

フランダースの犬の舞台としても有名です。
TOYOTA建立のフランダースの犬の記念プレートもありました。

フランダースの犬の記念プレート

大聖堂内部の様子。

ノートルダム大聖堂内部

ノートルダム大聖堂内部

ノートルダム大聖堂内部



 

ルーベンス作「キリスト昇架」

ルーベンス作「キリスト昇架」

 

ルーベンス作「聖母悲昇天」

ルーベンス作「聖母悲昇天」

 

本当にここは宝物だらけです。写真では、伝えきれないのが残念ですが、とにかく圧倒されます。何時間でも見ていたい。

 

目的のノートルダム大聖堂で思う存分、絵画を堪能し、大満足。またブリュッセルに戻ります。

 

最後に

ベルギー旅行について、都市別の記事を今回含め、三回に渡り書かせて頂きましたが、いかがでしたか。読みにくい部分もあったかと思いますが、楽しんで頂けましたら幸いです。
旅先でいつも集めているプレートマグネット、ベルギー三都市分が、アントワープでやっと揃いました。ベルギー旅行本当に本当に楽しかったです。また来たいなぁ。
特に、ブルージュでの運河クルーズは一生の思い出です。あの美しい街並みを忘れることはないでしょう。
しつこいようですが、ベルギー本当にオススメです!!

ベルギー三都市のプレートマグネット

 

 

ブリュッセルのホテル予約はこちらから!

ブリュッセルから行くアントワープの現地ツアー予約はこちらから!
icon