旅行の方にも、これから移住される方にも!シドニー基本情報(後)

シドニーに住んで3年になります。今回は後編として、移住者だけでなく、旅行者も多く立ち寄りそうなシドニーの主要なスーパーマーケットに関する情報やレストランの基本情報についてご紹介します。シドニーを訪問する際の参考になればと思います!
(情報は2018年5月13日時点のものです)
旅行の方にも、これから移住される方にも!シドニー基本情報(前)

ローカルスーパーについて

オーストラリアの2大スーパーは、Woolworths(ウールワースと読みますね、私はこれ発音苦手です!こちらの人は略してWooliesと呼びます、こっちなら言える!なんでも略したがるオーストラリア人ありがとう) とColesです。Woolworthsが緑の看板でColesが赤の看板です。

 



 

Woolworths

写真のWoolworthsは、Townhall駅近くのGeorge Streetにある店舗です。

シドニーのスーパー、woolworths

 

店内には、セルフレジがずらっと並んでいます。写真に他のお客さんが映らないよう撮ったので少なく見えますが、実際にはもっと多くあります。もちろん対人レジもあるのですが、セルフレジが主流です。

シドニーのスーパー、woolworthsのセルフレジ

 

Coles

写真のColesは、North Sydney駅そばの店舗です。

シドニーのスーパー、coles

 

Colesには日本食セクションもあります。オーストラリアでも日本食は人気です。

シドニーのスーパー、Colesの日本食セクション

 

こちらもwoolworths同様、セルフレジが並んでいます。

シドニーのスーパー、Colesのセルフレジ

 

シドニーのローカルスーパーまとめ

毎週のセールの内容や、プライベートブランドの品揃えがそれぞれ違いますが、そこまで両者に大きな違いはないと思います。だいたいどこの店舗にも日本食のセクションがあり、基本的な調味料やお米などは手に入ります。スーパーでアルコールは原則販売できませんので、ビールやワインなどのお酒はリカーストアで購入する必要があります。多くの場合、スーパーのすぐそばにリカーストアがあります。
 


 

また、他にもニュースエージェンシーなどのスーパーも、多く利用されています。写真は、Townhall駅にある店舗のものです。

シドニーのスーパー、ニュースエージェンシー

 

お店基本情報

オーストラリアは、飲食店や商店などが東京よりも早く閉まります。デパートやショッピングモールなどは、17時半~18時ごろに閉店するところが多いです(木曜日だけはlate night shoppingといって21時まで開いています)
 
その分、開店が9時ごろと早めです。日曜日や祝日は、もっと営業時間が短いです。
クリスマスやお正月、イースターなどの祝日は、営業しない場合が多いです。多くのローカルのカフェは、6時半~7時ごろに開き、15時ごろには閉店します。レストランも21時ごろに閉店するところが多いと思います。飲食店は、その日の状況によって早く閉店することもあるので、閉店間際に訪れる際にはお気をつけください。(お客さん来なくて暇だからとか、お店の人の気分で!さすがオーストラリア!もう驚きません)
 
なお、アメリカのようにチップを払う制度はありません。

シドニーのカフェ、イメージ

 

しかし、高級なレストランでは気持ち程度にチップを払うのが一般的です。祝日に10%のサーチャージがある場合があります。(これは、現在の法律で祝日だと時給が3倍?くらいになるからです。働く人に本当に優しい国!)
 
あまり多くはありませんが、クレジットカードで支払うと1%程度のサーチャージが発生することもあります。
JCBやAMEXが使えない、もしくはサーチャージがかかるということも珍しくないです。(クレジットカード会社によって、お店に使用料を課しているそうで、だいたいはお店や企業側が負担しますが、小さなお店だとお客さんに負担してもらうことがあるため)

シドニーの高級レストラン、イメージ

 

お水について

シドニーは、日本と変わらず硬度60度くらいの軟水だそうで、お水に関しては日本と変わりなく苦労していません。
シャワーも気にせず普通にしてます。水道水も飲めます。
 
日本のように蛇口一体型の浄水器はあまりないかもしれません。ブリタを使ってます(日本でも有名ですよね?)。

 

 
レストランなどで、席につくと「Would you like still or sparkling water?」などと聞かれます。基本的に、stillはミネラルウォーター、sparklingはガス入りの炭酸水でどちらも有料です。無料の普通のお水は、tap waterと言えば水道水を持って来てくれます。

シドニーのレストランの水、イメージ

 

シドニーのホテル予約はこちらから!
シドニーでの現地ツアー予約はこちらから!
icon

 

今度こそ独学で!日本で英語を話せるようになる勉強法 4ステップ | Tabily