[郊外のアンコール遺跡群]ベン・メリアとバンテアイ・スレイへ

今回は、アンコール遺跡群の中でも少し離れた場所に位置するベン・メリアとバンテアイ・スレイについてご紹介します。距離や道路の舗装状態を考慮すると、トゥクトゥクよりも、車のチャーターで訪れることをオススメします。

時間もトゥクトゥクだと片道2時間かかってしまいますが、車の場合は1時間ほどなので、約半分の時間で辿り着けます。

ベン・メリア

ベン・メリアは、アンコール・ワットから50kmの密林に潜む遺跡です。

映画「天空の城ラピュタ」のモデルともいわれるこの遺跡は、謎に包まれた神秘の世界を体験できます。

世界遺産ではないのでアンコールパスは使えませんが、是非訪れて欲しい遺跡のひとつです。

アンコール遺跡群のベンメリア

 

激しく倒壊した遺跡もベン・メリアの魅力です。

ベン・メリアを訪れる際は、足場が非常に悪い場所も多いため、動きやすい服装と靴がマストです。

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

インドラ神のレリーフ。

アンコール遺跡群のベン・メリアにある、インドラ神のレリーフ

 

長い年月、壁だけが残り屋根は崩壊してしまいました。

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

木々と遺跡が一体化となっている姿は神秘的で美しいです。

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

時間も方向感覚も失ってしまう不思議な雰囲気です。

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

未だ修復されず、発見された姿のまま残されています。

アンコール遺跡群のベン・メリア

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

廃墟に生命を感じる風景です。

アンコール遺跡群のベン・メリア

 

南参道にあるこのナーガは、ほぼ完全な形で残っており、アンコール遺跡群の中で最も美しいナーガといわれています。

アンコール遺跡群のベン・メリア

バンテアイ・スレイ

「女の砦」を意味するバンテアイ・スレイは、シェムリアップから40km離れたところにあるヒンドゥー教の寺院遺跡です。

赤色に深く刻まれた彫刻。

バンテアイ・スレイの遺跡は他のアンコール遺跡群の遺跡と比べても、独特な雰囲気を持っています。

東塔門から奥にすすみます。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイの東塔門

 

10世紀半ば過ぎに建てられた、周囲400mのこじんまりした寺院です。
アンコール・ワットが建てられた時期よりも100年以上前の時代です。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイ

 

中央に「踊るシヴァ神」のレリーフが刻まれています。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイのレリーフ

 

洗礼された優美な彫刻が数多くで残っています。

左奥に見える小さなデバター(女神)が「東洋のモナリザ」といわれる有名なレリーフです。
1923年フランス大臣である小説家が、あまりの美しさにこのデバターを盗むという事件からこの名前がつきました。思ったより小さかったです。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイの彫刻

 

現在はこの中央祠堂の立ち入りが禁止されています。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイ

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイ

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイ

 

象が聖なる水をかけているレリーフです。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイの象が聖水をかけるレリーフ

 

赤色砂岩に刻まれたレリーフは、通常の灰色砂岩に刻まれたレリーフよりも格段に立体感を出しています。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイのレリーフ

 

遺跡の外ではこうした民族楽器の演奏をよく見かけます。

アンコール遺跡群のバンテアイ・スレイ付近の民族楽器の演奏

ベンメリア+バンテアイスレイ 郊外2遺跡巡りの現地ツアー予約はこちらから!
icon
アンコールワット、遺跡群の現地ツアー予約はこちらから!
カンボジア、シェムリアップのホテル予約はこちらから!
icon

アンコールワットの入場券、アンコールパスについて徹底レポート | Tabily
アンコールワットへ行ってきた!観光を詳細レポート | Tabily
日本からアンコールワットへの行き方と治安、通貨などの基本情報 | Tabily
[海外旅行にオススメのWi-Fi]大手3社のレンタル料や手数料を徹底比較 | Tabily
[シェムリアップから20分]トンレサップ湖で水上生活の村を見学 | Tabily
今度こそ独学で!日本で英語を話せるようになる勉強法 4ステップ | Tabily